ホーム活動ブログ

活動ブログ
中小企業戦略研究所の定例セミナーの模様などを発信しています。

2024年06月15日

戦研セミナー『中小企業白書はこうして創られる』を実施しました

本日戦研セミナーを開催しました。

日  程: 2024/6/15 15:00~17:00
場  所: 港区海岸1-4-22 SNビル9F イベントスペース(浜松町駅すぐ)+Zoomオンライン
タイトル: 中小企業白書はこうして創られる
講  師: 元経産省 小倉 政貴(おぐら まさたか)氏

講演内容

中小企業診断士にとって馴染み深い中小企業白書は、貴重な情報の宝庫です。しかし、その膨大な情報量ゆえに、詳細に読み込む人は多くないかもしれません。日本では53種もの白書が各省庁から発行されていますがこれらを活用しない手はありません!

では、この膨大なデータの背後にある制作過程はどのようなものなのでしょうか。元経済産業省職員で中小企業白書の執筆に携わった小倉政貴氏をお招きし、白書の”作り手”の視点からお話を伺いました。


■白書制作の目的と過程

特に2021年版は、コロナ禍で苦境に立つ中小企業の再生を目指し、どのようなデータを収集しいかなる経営課題とその対策について論じるか多くの議論が交わされたそうです。白書は次のような手順で制作されます。

  1. テーマ設定
  2. ヒアリング、リサーチ、アンケート
  3. 執筆
  4. 審議
  5. 国会提出

基本的に、統計やデータに基づく客観的な根拠により政策が決定されるため、経済の実態に即した信頼性の高い内容といえそうです!

■白書を効果的に読み解くコツ

以下の3つのステップで考えると理解しやすくなります。

  1. 重要テーマ: 国や中小企業にとって重要な課題
  2. 課題: 各テーマにおける具体的な問題点
  3. 具体的事例: 課題への取り組みの実例

「重要性 → 課題 → 具体的施策例」という構造で捉えることで、複雑に考える必要はなくなります。
是非診断士の受験勉強にも役立ててください!

■編集後記に込められた想い

2021年版白書は、2020年の未曽有のパンデミックを踏まえて編纂されました。2008年のリーマンショック、2011年の東日本大震災など、近年も困難な出来事が続きましたが、実は約100年前にも同様の危機(スペインかぜ、世界恐慌、関東大震災)がありました。それでも日本や世界は力強く復興を遂げてきました。

白書の編集後記では、中小企業・小規模事業者の絶え間ない努力と創意工夫によって、今回の危機も必ず乗り越えられるという強い確信が述べられています。小倉先生が情熱を注いだこの記事も、ぜひご一読ください!
10Hakusyo_hensyukouki_web.pdf (meti.go.jp)

 

 

懇親会

懇親会は新橋のビアバーで!🍻

 

戦研の活動

中小企業戦略研究所では、中小企業診断士をはじめとした士業会員で次のような活動をしています。
・実務従事ポイントの獲得 ▸こちらを参照
・スキルアップ研究/会員交流
・法人向け活動
・社会向け活動
ご興味がある方は入会のご案内をご確認ください。

2024年05月22日

戦研ゼミ 『Webマーケティング』勉強会

本日、戦研ゼミ を開催しました。

日  程: 2024/5/22 (21:30~23:00)
場  所: Zoomオンライン
テ ー マ: Webマーケティング支援の黄金手順

会員メンバーで中小企業経営に関する見識を広げて実戦に使用するスキルの勉強会です。第10回目は「Webマーケティング」について取り上げました。今回は30名ほどの方に参加いただきました。

Webマーケティングは現代の企業経営において必須のスキルとなっています。今回は経営改善の本質である『ゴールベースアプローチ』という手法から、Webマーケティングの診断~分析~課題抽出~実行支援までの手順について説明しました。戦略研究所では、学習と作成フォーマットと実戦をSETにして身に付けることが可能です。

 

ゼミ内容(一部抜粋)

 

1.なぜ世の多くの事業者ではWebマーケティングがうまくいっていないのか

Webで集客できていない。じゃあWebマーケティング業者に頼もう。では上手くいかないことがあっても当然です。

専門業者のサービスを打ち出す前に『診断』をしなくてはいけません。薬を出す前に『診察』するのと同じですね。

そこで必要なのは『経営俯瞰』です。経営全体を見渡す鳥の目。
経営を4つのバランスで表すと
①提供価値(会社の存在意義)
②営業(需要を獲得する活動)
③運営(供給を構築する活動)
④財務(資金を投資する活動)
に分けられます。

この中で、現在はどこの問診をしているのかを明確にしておきます。

そうでないと問題の本質を外した課題や施策に資金を投資してしまうことになりかねません。 

 

2.売上向上の本質とは何か

Webマーケティングに限らず、いや経営に限らず、ものごとの本質を考えるには『分解』を行います。

ここまで分解することで要因がみえてきます。本質的に重要なのは『数量(左側)』です。『率(右側』ではありません。ここに資本(金や労力)をいかに投資していくかがベースになります。(そういう意味では財務的な戦略も必要になります)

マーケティング・ファネルの考え方にも近いですね。まず考えなければいけないことはインプレッションを稼ぐことです。これにはSNSや広告の方法があります。

基本的には広告を主体に戦うことになります。広告投資はLTVとCPAの関係をベースに判断していきます。


広告投資を行わないパターンについても把握しておきましょう。

 

3.押さえるべきポイント

ポイントは3つです。

ポイント① 階段は漏れなく構築されているか

階段に抜けがあると(例えば申込みフォームがわかりにくい等)、上に登ることはできません。インプレッションを広告で稼ぐのは必ず階段を構築したあとです。そうでないと横に漏れてしまい効果が相当に薄まってしまいます。

ポイント② 階段は魅力的であるか

階段をSETするだけでは、当然ながら誰もわざわざ登ってきてくれません。魅力的な階段を構築し、上に登る為の誘因や動機を設置しなければなりません。

ポイント③ 分析する

LTVとCPAはいくらか。現在の広告投資費用が業界平均と比べて適切なのか。広告を増やすべきか、広告を減らすべきか、他に改善点はあるかを分析します。(実例をあげて分析手段を示しました)

そこでようやく問題点と原因がわかり、課題の設定ができるので、解決策の考案を行うことができます。

 

4.ネクストステップ

解決施策を提示しますが、重要なことはその解決施策が正解かどうかはわからないということです。

ただヒントは世の中に転がっているので、①超基本の方法と②斬新で飛びぬけたアイデアが出る手法について参考事例をあげました。

そしてそれを実行に落とす最終フェーズでは以下の項目をこなす必要があります。

➊ ターゲティング
➋ コンセプト
➌ 商材訴求
➍ 媒体選定(SNS等)
➎ ライティング
➏ HP制作
➐ LP制作
➑ 運用・分析

これらについて実行する人を決めることが大事です。今後戦研の方でもプロのマーケッターや専門業者も交えてこれらの実行支援を提供できるようにしていきたいと思います。

カンニングペーパーとヒアリングヒートを作成したので是非実戦でも活用ください。ご参加ありがとうございました。次回もよろしくお願いします!

Xの戦研NEWSをフォロー!

 

戦研の活動

中小企業戦略研究所では、中小企業診断士をはじめとした士業会員で次のような活動をしています。
・実務従事ポイントの獲得はこちら
・スキルアップ研究/会員交流
・法人向け活動
・社会向け活動
ご興味がある方は入会のご案内をご確認ください。(5月末で新規募集止め)

 

企業様向けサービス

当研究会で取り上げた資料配布や、勉強会の再開催のご要望についてはお気軽にお問合せください。

また当法人では企業様向けに経営改善の助言診断や、事業計画書の策定支援を行っております。
昨今の事業再構築補助金等では、コンサルタントに事業計画を丸投げした事例や代理申請が問題として取り沙汰され、採択の取り消し等が相次いでおります。中小企業戦略研究所では、成功報酬型の補助金申請代行ではなく、事業を成功に導くための事業計画書を事業者様と共に考え、作成をサポートを出来るようにしていきます。
・実際に事業計画書を練り上げる実力を身に付けられる
・多額の成功報酬費用が発生しないので資金面でも安心
・多くの業種に携わる士業メンバーからマッチする専門家がサポート

2024年05月12日

戦研『こどもビジネス体験会 in大阪』を実施しました

本日は、戦研イベント「こどもビジネス体験会 in大阪」を行いました。

日  程: 2024/5/12
場  所: 大阪市中央区南久宝寺町1-9-2
テーマ : 5歳~13歳の親子ビジネス体験

 

活動内容

関西でもやって!という声を多数いただいていましたので、親子ビジネス体験会を今回は大阪で開催しました。すぐに定員になってしまい大変盛況なイベントとなりました。

充実の仕入れブース。

 

ワークタイム。付加価値を付けて売れる商品・サービスを創造します。

 

お店を出店して販売!販売会には外から有志も駆けつけてくれました。ありがとうございます!

 

決算タイム。最初に融資してもらった500円を返済して残った分が自分の稼いだ利益です。大きな利益があげる子供たちの工夫に脅かされます。

 

そして最後は振り返り。そして失敗から学ぶことも実は多かったり…。

こどもたちの創造力、付加価値を提供する喜びの体験が自信となってくれれば幸いです。イベントに参加いただきどうもありがとうございました。大阪運営班も皆様をお疲れ様でした!

 

戦研こどもビジネス教室

こどもビジネス教育事業をスタート致しました。このようなビジネス体験イベント等も定期開催していく予定です。是非お気軽にご参加ください。イベント情報はXの戦研NEWSにて

 「戦研こどもビジネス教室」は、未来の世代に対して多様な働き方に対応できるスキルを提供し、アントレプレナーシップ精神を育成し、日本のイノベーションを支える起業家を育て上げることを使命としています。私たちの専門知識を活かし、学校では教えられないビジネスの知識やお金にまつわる正しい知識を、子供たちに身につけてほしいと考えています。

多様化する働き方に対応できるスキルの提供
・アントレプレナーシップ精神の育成
・ビジネスとお金に関する正しい知識の提供
・コミュニケーションスキルの向上

経営コンサルタントの国家資格である中小企業診断士が、子供たちにビジネスの面白さや重要性を伝えることで、中小企業診断士としても新たな可能性を開拓し社会に貢献していきます。

 

企業様向けサービス

中小企業で、こどもビジネス体験教室と連携していただける事業様も募集しています。企画のご相談からぜひお気軽にお問合せください。

また当法人では企業様向けに経営改善の助言診断(初回無償)や、補助金や創業の事業計画書の策定支援を行っております。
昨今の事業再構築補助金等では、コンサルタントに事業計画を丸投げした事例や代理申請が問題として取り沙汰され、採択の取り消し等が相次いでおります。中小企業戦略研究所では、成功報酬型の補助金申請代行ではなく、事業を成功に導くための事業計画書を事業者様と共に考え、作成をサポートを出来るようにしていきます。
・実際に事業計画書を練り上げる実力を身に付けられる
・多額の成功報酬費用が発生しないので資金面でも安心
・多くの業種に携わる士業メンバーからマッチする専門家がサポート